About



It is a pleasure to introduce you to Jingumae International Exchange School (JIES). JIES founded in 2007, and conveniently situated behind the Omotesando Hills complex in Shibuya-ku. Members of our dynamic school community represent over 19 different nationalities which give us a great mixture of different experiences and cultures, making JIES a stimulating place for all involved.

At the end of June 2018, JIES will be moving to the new campus near to Shinagawa Seaside Station (品川シーサイド駅 Shinagawa Shīsaido-eki) on the Rinkai Line in Shinagawa, Tokyo. The school campus will have Preschool classes(age 3 and age 4), a Kindergarten and Primary classes (grade 1-6).

As an IB PYP school JIES offers a comprehensive education that incorporates the five essential elements of the IB program (Knowledge, Skills, Attitudes, Conceptual Understanding, and Action). The JIES mission and education philosophy promote the balance of acquiring knowledge, developing skills and promoting positive attitudes and attributes that will contribute to every students’ capability to be inspired lifelong learners . The students’ action is represented in JIES vision statement that will guide them to be global learners who contribute towards world peace. On top of this, classes are timetabled with Japanese lessons which, depending on the ability of the individual, follow Kokugo (Japanese as a Native Language) or JAL (Japanese as an Additional Language).

JIES is considered to be a community of learners. It is fortunate to have teachers and students from all over the world, resulting in a multicultural and diverse learning community. We celebrate our diversity not only in our regular class activities, but also by hosting an International Children’s Festival every year. Teachers design learning activities which empower students’ academic achievement and personal passion for life-long learning. Social development is a high priority at JIES, and our mixed age group After-School Program activities promote interaction among children of different ages. All lessons, activities, and school events are designed based on our students’ culture, beliefs, and background. Our unique cultural features are respected and celebrated in order to encourage understanding and appreciation of diversity. The result is a challenging, non-discriminatory learning environment which is responsive to the needs of its learners. Teachers plan lessons and learning activities based on students’ needs. A high teacher-to-student ratio allows us to know our students well and differentiate instruction to best help each child achieve his or her learning, personal, and social goals. Each student is respected as an individual with different strengths and interests. The JIES learning community includes representatives from a wide variety of backgrounds. Events like Japanese Culture Day and exchange activities with local state schools encourage respect and appreciation for other cultures and our local community in Tokyo. The JIES learning community is based on mutual respect and open communication between staff, parents, and students. Our parents cooperate in many aspects of school life, such as participating class activities, volunteering to enhance our library and media centre, accompanying classes on field trips and holding fundraisers like the bake sale for International Children’s Day.

This homepage aims to give you a better insight into the fantastic work we do at Jingumae International Exchange School, and we hope to welcome you to our school in the near future.



神宮前国際交流学級(JIES)に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。当校は2007年、渋谷区の表参道ヒルズの裏側という非常に便の良いロケーションにて開校されました。スタッフや児童として15ヶ国以上の出身者が集い、様々な文化や背景が交差する極めて刺激的な場が作り上げられています。

JIESの魅力の一つは、その非常にユニークな成り立ちだと言えましょう。当校は日本の公立学校の同一敷地内で外国人コミュニティー向けのインターナショナルスクールを運営するという先駆的なプロジェクトを担う、日本で唯一の学校です。同居する二つの学校間で、児童や教師、関係する方々の一体感を醸成、促進するのがその目的の一つとなっています。当校の児童にとっては以下のような利点があります。公立学校に通う同世代の子供たちと交流する機会や、大々的に実施される交流活動に参加したり、日本文化を体験できるイベントにも参加できること、それに双方の学校の施設・設備を共有できることも魅力です。

2018年6月末には、JIESは東京都品川区のリンカイ線品川シーサイド駅近くの新キャンパスに移転します。 スクールキャンパスには、プリスクール(3歳児と4歳児)、幼稚園(5歳児)小学部(1〜6年生)がございます。

当校は国際バカロレア(IB)のPYPプログラムを実施する学校として、IBプログラムの要件である5つの基本要素(概念・知識・技術・態度・行動)が組み込まれた包括的教育を実施しています。

JIESはその使命と教育方針として、知識の獲得や各種スキルの育成、積極的姿勢の促進、一生学び続ける力を発展させていくのに役立つ積極的姿勢や特性の養成、といった要素をバランスよく伸ばしていくことを掲げています。子どもたちの行動についてはビジョン・ステートメントで言及されていますが、世界平和に貢献するグローバル時代の学習者に育てることを目指しています。また子どものレベルに応じて、国語(母語としての日本語)もしくはJAL(追加言語としての日本語)という形で日本語の授業が組み込まれています。

JIESは学ぶ人たちで作られたコミュニティーです。児童や教師が世界各地の出身者で、多言語かつ多様な学びの背景を持っているのは大きな強みです。この多様性は教室内で活かされるにとどまらず、毎年開催されるインターナショナル・チルドレンズ・フェスティバルの形でも発揮されています。教師は児童の学力を伸ばし、一生を通じて学び続ける熱意を育むよう学習活動を組み立てています。JIESでは社会性を伸ばすことにも力を入れていますが、学年をまたいで一緒に活動するアフタースクールプログラムによって、異なる年齢の子ども同士の関わり合いが促されます。授業や様々な活動、学校行事のすべては児童の文化や信仰、背景を考慮に入れた上でデザインしています。多様性を理解し、その良さが分かるように、私たちはこの文化的特性を大切にしています。それによって、学習者にとって必要な、差別のない、やる気の出る学習環境が整う結果につながるのです。教師は児童の必要性を見極めて授業計画や様々な活動を計画しています。生徒に対する教師の比率が高いことで、子ども一人ひとりをよく知り、指導の仕方を個々に合わせて、学習や個人的・社会的成長を図ることができます。どの子どももそれぞれ異なる興味を持ち、長所を備えた個人として尊重されます。JIESには様々な背景を代表する人々が集まってきています。ジャパニーズ・カルチャー・デーや神宮前小学校の運動会は、他の文化および現在住む地元の文化への理解や尊重の念を培う機会です。当校ではスタッフ、保護者、児童が互いに尊重し合い、心を開いて交流することをモットーとしています。保護者の皆さんからも、クラス活動への出席、ライブラリーとメディアセンターの充実を図るボランティア活動への参加、遠足の付き添い、インターナショナル・チルドレンズ・フェスティバルにおけるベークセールでの資金集めなど、学校生活のあらゆる面で惜しみない協力をいただいています。

このHPは、神宮前国際交流学級の活動の数々を知っていただくものです。いつか学校で直接お会いできる機会がありますことを願っています。

 

 

X